階段を使うように心がける

2017年8月14日

長いこと中性脂肪を改善する為に悩んできましたが、やっと中性脂肪を下げる為に何をしたら良いのか分かってきたような感じがするのです。

私が、まず試したのは運動をする習慣を心掛ける事でした。とにかく歩く事を増やしていけば脂肪を燃焼することができ、その結果中性脂肪の数値も下がるのではないかと考えることができました。

室内で運動するよりも外に出た方が良いと考えた

中性脂肪の数値は低中性脂肪血症が29より下がった状態であり、150を超えてくると基準値オーバーとなります。少し前までは、下の基準値はもう少し高かったように思うのですがある程度数字が低くても問題無いということの要です。

なりますが、私の場合は基準の数値よりもかなり高い状態となっています。その為、高トリグリセライド血症の状態となっています。

中性脂肪を改善するには運動療法が有効だと言われているので、私の場合には食事制限の方が好きではあるのですが、気が向かない運動をする事にしたのです。

私の知り合いがお勧めするのはジョギングでしたが、どうもジョギングだと肺の呼吸が追いつかないような状況が考えられ、仲間と一緒にジョギングを継続しても、私だけ取り残されていくのではないかと考えたため、十分にエクササイズができると考えられる、腰を回していくフィットネスマシンを使用する事にしたのです。

ダイエットグッズの効果とは

テレビショッピングで話題になっているダイエットグッズですが、呼吸を整えて運動することから有酸素運動としても十分に利用できる優れものと考えられています。

このエクササイズマシンを使って、中性脂肪を下げることができるかどうか試していたのですが、どうも室内でやると非常に暑くなってしまい長時間運動する事がキツかったのです。

そのような状況を改善するために、ネットでエクササイズの方法を探しました。すると、階段を上ったり降りたりする運動が非常に有効である事がわかったのです。

大きなマンションの階段を利用して運動すること

ちょうど、階段は自宅の中にもあるし、私の何度も通う知り合いのアパートであったり、友人のいるマンション、私がいつも使っている地下鉄にも階段はあるのです。そのあたりを行動するときにいつも階段を利用することで運動効率を高めていこうという方法になります。

ただ、毎日のように階段の上り下りがやっているのですが、それ以上に階段を利用するとなれば、用事が無くても階段がある場所まで行って汗をかく必要があります。

さすがに、知り合いに運動していることを見られるのは恥ずかしいので、地下鉄よりももう少し離れた郊外の歩道橋などで運動するような状況を考えたのです。そして、近くのビルに外階段があり自由に利用することができるため、そのマンションの外階段を利用することにしたのです。

そのビルは12階建てとなっているので、下から頂上まで一気に早いペースで上ってしまうのです。階段を上るときには自分のペースで上らないと途中で息が切れてしまいます。呼吸が厳しい状態で運動するのは余り良い対策ではないので、落ち着いて心拍数を安定させながら運動するようにしています。

まとめ:階段を使うように

中性脂肪を上げていく為には、しっかりと汗をかくことも大事ですが、呼吸をしながらの運動を継続させることが重要です。目的は内臓脂肪を燃焼させることなので、この部分が疎かになってしまうと運動している意味が無くなってしまいます。

少しばかり階段上り下りの運動を続けて分かったのは、室内で運動するよりも外で風に当たりながら階段を上ったりするのは、気分が良いと言うことです。まだまだ飽きていない状態が続いているので、現状は同じマンションの階段を利用することにしていますが、できれば見晴らしの良い綺麗な風景が見える場所のビルを利用したいと思っています。

中性脂肪の数値がどれだけ改善したのか今のところまだ分からない状態ですが、数値を下げるための運動としてはそれなりに良い成果が出そうな気がするのです。

Posted by NewVic