焼き鳥を美味しく食べながら中性脂肪対策ができるか

2017年8月14日

多くの人の意見として焼き鳥を好まない人はほとんどいないので、パーティーをするときや、お祭りの時など多くの人が集まったときには焼き鳥を準備することが有効です。

多くの人に支持されるメニューであれば、注文しても失敗する事がないし、最終的に全てができるので後片付けも楽である等のメリットもあります。

お酒を飲みながら食べるおつまみではNo1

お祭りなどで買うことが出来る焼き鳥は、冷凍食品の状態で業務用食品のスーパーなどに売られています。30本セットはお決まりですが、150本セットなど大量のセットがあるので、格安で購入することが可能です。

ただ、焼き鳥は冷凍食品を買う前にどれくらいのサイズであるか見ておく必要があります。串に刺している肉のサイズが非常に小さいお祭り用などの場合には、食べたボリュームがほとんど無いので失敗したような感じになるはずです。

これを回避するためには、まず小さめのパッケージを買ってどのような状態であるのか確認する事や、パッケージの表面に中に入ってる焼き鳥の写真が掲載されているものを選ぶ、または何本セットであるのか本数を確認し、手で持って主さで比較していくなどの対策もあります。

外国で作られて輸入されてくる焼き鳥の冷凍食品は、お祭り用である可能性が高いため地元の精肉店などから販売されているような焼き鳥の方がお得感があるかもしれないのです。

ベストなブランドを選ぶ事

このあたりの情報は、ネットでも得ることができるかもしれないので、自宅で食べることができる焼き鳥のベストなブランドなどをチェックしておけば間違いない製品を購入できるはずです。

ですが、焼き鳥に関しては材料は鶏肉なので、どこのスーパーでも安く売っている食材です。胸肉やもも肉など、脂身や食べた時の食感などを重視しながら自分で好きな肉を選べば良いのです。

それを軽めにボイルして、包丁でカット、そして食べやすいサイズになったら串に並べて刺していくだけの作業となります。串を使った事があまりない場合にはこの作業に時間がかかってしまいますが、10本程度刺してしまえば、かなりのスピードで刺していくことが可能になるはずです。

ポイントは、鶏肉を指しやすい大きさに四角くカットしていくことです。鶏肉の形はバラバラなので、このカットの段階で手間がかかってしまうことも多くあります。

ボリューム満点の焼き鳥は満足度がある

このように自宅で焼き鳥の串を作ると、市販されている冷凍食品の焼き鳥よりかなり大ボリュームなタイプを作る事が可能です。間に白ネギを入れたり、シシトウを入れたりする等、様々なアレンジをすることによってボリューム満点の串盛りを作る事も可能となります。

自宅でも串盛りを囲んでホームパーティーをすることが可能なとなるので、焼き鳥の作り方は何度やってみて覚えておくことが重要です。冷凍食品の鶏肉と串、そして白ネギやシシトウ、または玉葱やピーマンなどが最適となるので、これらの食品はスーパーで安く売られているもので十分なのです。

お酒を飲むときにも焼き鳥があると非常にお酒が進んで楽しい時間を過ごすことができるので、焼き鳥を準備するのは非常に有効な事です。

このようなボリューム満点の焼き鳥も簡単に作る事ができるので、非常にお勧めではあるのですが、中性脂肪対策を考慮した場合には非常に問題となります。鶏肉の脂身部分がカリカリして美味しいので、焼き鳥に使用する肉質には最適となるのですが、脂身のある部分は中性脂肪対策には余りむかないのです。

鶏肉の肉質の違いを知ること

そのような状況があるため、中性脂肪を改善させるためには焼き鳥を食べる頻度はできるだけ少なめにする必要があります。もしくは使用する鶏肉の肉質を胸肉に切り替えるなどの対策も有効です。

胸肉は、もも肉に比べて脂身が少ない分だけさっぱりしており、濃厚な焼き鳥の味わいが少量ですが追加する状況が分かります。ですが同じように塩コショウして焼き鳥のタレをかけて食べるので、人によっては全く違いが分からない人も多いかもしれないのです。

まとめ:焼き鳥の影響とは

このように、焼き鳥を作るときにも中性脂肪の事を考慮して脂肪分が少ない部位を優先的に使っていく事で対策していく事が可能です。そして、間に白ネギなどを指していきますが、この時野菜を入れる頻度を多くしていくことも重要です。

見た目的には串盛りあわせのように見えますが、野菜の串が多めになった串盛りあわせが有効です。野菜の間にアクセントとして鶏肉が入っているような焼き鳥で十分となります。

焼き鳥のタレをつけて食べるので、白ネギが多いタイプの焼き鳥であっても十分に満足出来るはずです。ステーキを食べたり、ハンバーグ定食を食べたりするよりも焼き鳥の場合には野菜を間に入れていく事が容易に可能なので、太るメニューと考えずに作り方によってヘルシーメニューのジャンルで考えても良いはずです。

Posted by NewVic