大人の歯の病気である歯槽膿漏とは最近が感染しておきる炎症性疾患です。歯槽の部分に膿が出来てしまうことから歯槽膿漏と言われていましたが、現在においては歯周病という言い方に統一されてきました。歯周病は歯を支えている骨、歯槽骨が徐々に壊され ...

カテコラミン、もしくはカテコールアミン【Catecholamine】は副腎髄質や交感神経、脳細胞から分泌されるホルモン。アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、ドブタミンがあります。

アドレナリンはストレスによって反応 ...

悪性新生物とはいわゆるガンのことです。悪性腫瘍と同じ意味となります。遺伝子が変異することによって増殖する細胞の集まりで周囲にある正常な細胞を侵食していきます。体の各部から血液も含め体全体に及びます。

悪性リンパ腫、胃癌、悪性黒色 ...

いつも一定のリズムで鼓動している心臓の鼓動が、ゆっくりになったりリズムが乱れることを不整脈と言います。不整脈の原因となるのは心臓疾患だけとは限りません。高血圧である方や甲状腺異常の方も不整脈の症状が出る可能性があります。

...

一定量の血液中に赤血球が含まれる割合の数値をヘマトクリットと言います。血液中には固形成分、有形成分を含んだ血球、そして血小板で構成されます。

血液とは、赤血球と白血球、そして血小板がが血清の中に溶け込んでいる状態であり、ヘ ...

冠動脈(冠状動脈)とは、心臓に栄養分や酸素を送る血管のことです。心臓の上の方に冠のように位置している血管であるので冠動脈と言われるようになっています。

冠動脈は大動脈から出ており右と左に1本ずつあります。右の冠動脈は右の右 ...

私たちがお酒を飲むと体内にアルコールの量が増加します。このアルコールは体に蓄積させてはいけない非常に毒性の強い物質であるため、早めに体外に排出しなければ行けない状況にあります。その為、肝臓が体内に増えてしまったアルコールを濾過して対外 ...

尿素窒素(BUN)は、血液中の尿素のことであり、食事をした後にタンパク質が分解されることで増えていきます。私たちが食事で摂取しているタンパク質は、筋肉の運動で分解されていくとアンモニアが発生します。このアンモニアは私たちの体にとっては ...

高プリン食とは、食品100グラム中にプリン体が200ミリグラム以上含んでいるものであり、レバーや白子、イワシ、エビ、干物などがあります。そして最近はビールのCMでも言われるようになったアルコールのプリン体ですが、蒸留酒にはほとんど含ま ...

胸の痛みを感じると、心臓に何らかの悪影響が出ているのではないかと心配になることが多くあります。命に関わる深刻な状況の可能性があるので、医師に診察する人も軒並み多いのです。

ただ、胸の痛みは心臓が関係している疾患とそれ以外の ...

健康生活を送るために知っておくべき重要語句

中性脂肪を改善する為には、多くの食材の知識が必要となります。そして特定保健用食品の成分や、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの働きや摂取方法なども勉強していく必要があると考えます。 また、メタボリック症候群になってしまう要因や、生活習慣病全般を知るときに必要になる重要語句がいくつもあるのです。そのあたりをチェックして理解していくことが、健康的に生活するには必要であると考えます。

重要語句をまとめて覚えておく

カロリーが低めの食材をうまく使い、中性脂肪を改善するメニューを作っていく荷は、ありきたりの調味料や調理方法では、今一つ美味しく仕上がらないことがあります。そんな時には、プロが使うような調味料を調達してくることも重要なのです。 その時に、知らない調味料と、調理法等をチェックしておきます。そのあたりの重要語句をまとめておく事が求められるのです。

良い食品の品質表示欄の重要語句を覚えておくこと

中性脂肪を下げる為に有効成分が配合されている特定保健用食品などには、いくつかの種類の食物繊維や、ポリフェノールが配合されている事が多いのです。どのタイプが変われているかチェックしていくことにより、その商品の効果がある程度予測できるのです。 その時に、新たな重要語句が出てくる可能性があります。見たことがないポリフェノールや、食品などがあれば他に使われている事例などもチェックしてみて、その効能を確かめるべきだと思います。

ビタミンを摂取しながらカロリーを落としていく考え方

中性脂肪を下げる食品をうまく摂取していく考え方になると、カロリーにばかり目が行きがちになってしまうのですが、食材のビタミンやミネラル成分などをチェックしてバランス良く摂取していく事が望まれます。 低カロリーなおからや、こんにゃくなどをメインに摂取していく事は有効な方法ではあるのですが、食物繊維が多い食事ばかりを続けていると、ビタミン類がうまく摂取できなくなる可能性があるのです。

ビタミンB群とビタミンCは毎日摂取する

多くのビタミンの中で必要となるのはビタミンB群です。これは私達の骨や筋肉などの細胞を作る基本となる部分であり、ビタミンBが少なくなると疲れやすくなったり、眼精疲労がいつまでも直らない状態になってしまいます。 なので、豚肉を中心とするビタミンBを十分に摂取することは健康には欠かせないのです。肉類を摂取すると言うことは、中性脂肪を高めてしまう要因になりかねないのですが、摂取量を間違えなければビタミン類を十分に確保していくことは可能なのです。

ビタミンBは疲れに効果のある栄養素

前回に引き続き、中性脂肪を減らす食事にばかり気を取られずに、体によいビタミンの効能を知り、食事に取り入れていく事についてです。中でもビタミンBについては、疲労回復など多くの効能があるので要注意となります。 今回見ていきたいビタミンBですが、少し前に気をつけて摂取していた時期があります。私はけっこうな肩こりで、ストレッチなどをしたりしますが、食事で良いと言われていたのはビタミンBを多く含む豚肉を食べること。そしてビタミンBの吸収が良くなるタマネギを食べることでした。

ビタミンBは肉類に広く含有しています

幸いに豚肉もタマネギも好きな食材で、牛丼のように見える豚肉を使っている豚丼をよく食べていました。これで効率よくビタミンBが摂取できます。美味しくて血行不良に良いとなると沢山食べてしまいます。そして、調子よく食べすぎてしまうと肥満の原因となります。 まずはビタミンBの事ですが、私達がサプリメントや栄養ドリンクで見るビタミンBは幾つもの種類があります。B1、B2、B6、B12、ナイアシンなどですね。これらはビタミンB群と言われています。 [ad#ad-1]

肌荒れにもビタミンB群が良い働きをします

脂質やタンパク質ををエネルギーに変える(代謝する)。肌が荒れたり、口内炎が出来るのを防ぐ、疲労回復などいくつもの効能があります。ビタミンB群のそれぞれで多少の効能が違いますが、全体的に見るとビタミンBはどれも疲労回復効果が期待できるということ。私としてはダントツで血行不良の解消と考えるのですが。 ビタミンB群が多く含まれている食材は、玄米、卵、納豆、うなぎ、魚介類、牛乳、ナッツ類、小麦などであり、意外と限定されていませんので、それぞれを必要なメニューに入れていきます。玄米に牛乳に納豆なんて健康食品には欠かせない食材ですね。 これらの食材は、中性脂肪を下げる食品としても良い物ばかりとなります。また、ビタミンAに続いてここでもレバーが良い食材とされています。

調理法によりビタミンの量が減ってしまう

基本的にどのビタミンでも、調理をする際に加熱をすると壊れて減少してしまうので、出来るだけ熱をせずに摂取する事を心がけます。もしくは煮込み料理などのように煮汁も捨てずに全て摂取できるメニューにすると、ビタミンを多く確保することが可能になります。