中性脂肪の正常値は、30~149mg/dlとなっており、中性脂肪値がこの範囲を超えて再検査となってしまう場合、圧倒的に149mg/dlを超えてくる、数値が高くなる場合がほとんどです。しかし、中性脂肪の値が低くなる可能性もあり、その要因 ...

食事をしたときには、ある程度食べると満足感を感じることができます。これが満腹中枢に食べた満足度の刺激が伝わって、食事の量を制限することができるのです。この満腹中枢に刺激を与える事が食事の量を抑えるためにはとても重要となってきます。

生活習慣病に関しては、症状が悪化してきても痛みがなかったり自覚出来る症状が現れないため、命を落としかねない疾患に遭遇するまでは全く気が付かないという事があり得ます。

高血圧の患者数は800万人程度いると考えられており、動脈 ...

動悸は、心拍数が高くなってしまう事ですが、生活習慣において心拍数が高くなる事は頻繁にあり得る事です。しかし、そのような心拍数が高くなる場面においても、その鼓動をより強く感じられる時に動悸がすると自分で意識するようになります。

すい臓は、胃の後ろ側に位置しており、食べ物が胃から腸へと流れてくるとすい臓から十二指腸へタンパク質や脂質を消化する消化酵素(アミラーゼ、リパーゼ、トリプシン)を分泌して栄養分の吸収を助けます。

この働き以外に内分泌機能とし ...

中性脂肪を下げる為には、毎日の運動が重要なポイントとなってくるのですが、40分程度でもウォーキングをする習慣を毎日継続していれば生活習慣病になる可能性は大きく減少します。軽めの運動を毎日継続できるかが重要になってくるのです。

最近はあまりなくなりましたが、数年前から胸焼けが良くするようになり、たまに胃薬を飲んだりしていました。自分の自己診断では食べ過ぎで美の中に胃酸が大量に出たために変な気分になったのではないか?と考えていました。

このように胃 ...

糖尿病の状態を確認するとき、耐糖能がどれくらいかを数値として表します。耐糖能とは糖にどれくらい耐えたれるかという内容ですが、食事を摂取した後に増えた糖をどれくらい元に戻せるかを指します。

耐糖能異常の症状とは

食後血液中にブ ...

肝臓の組織である肝細胞は、常に胆汁を分泌しています。肝細胞の隙間の細かい毛細胆管から流れて胆管に集まり、胆嚢管から胆のうへと運ばれます。胆のうは胆汁を一時的に蓄積します。この間に10倍近くまで濃縮されます。

空腹時であって ...

喫煙が原因とされる死亡率は現在でも増えており、喫煙により発症のリスクが高まる関連疾患は、慢性気管支炎、冠状動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)があります。

他にも脳血管疾患(くも膜下出血、尿出血、脳梗塞)、胃・十二指腸潰瘍、死産、 ...

病気に注意する生活を心がけること

私達は、普通に生活をしていると体の抵抗力が下がり気味になり、風邪を引きやすくなる事があります。それは、体の疲労度が溜まったりウィルスなどに感染してしまった場合などに起きますが、病気になりにくい強い体を作る為にも食生活に気をつけて行く事が大切だと言えます。 病気になるのは気分的な部分も提供しています。ある程度のストレスを受けると、血行が悪くなってくるため、体の抵抗力が下がる傾向になってしまいます。なので、病気にならない体作りのためには、自分でストレスをコントロールすること、そして基礎体力を高めていく習慣が大切なのです。

食事習慣と運動習慣で病気に強くなる

中性脂肪を下げる食品を探して、摂取カロリーをコントロールしていくのは、特定健診などの健康診断の数値を改善させるだけではありません。体の中にある脂質の量を減らすことにより、動脈硬化になる可能性を下げるのです。 動脈硬化になってしまうと、心筋症、脳卒中などの脳血管障害となる可能性が高まってしまいます。あらゆる病気の可能性が増えてしまうため、中性脂肪の数値をコントロールすることは大事なのです。

中高年の病気の要因は中性脂肪にある

中性脂肪の数値が高くなっても、体に痛みがあったりと何の予兆もないのですが、病気になってしまう第一歩の状態であるために、最初の段階で注意を怠らないことが求められるのです。年に一度の血液検査は必ず受診するようにし、数値が高くなってきたら食事対策を始めるべきです。

ビタミンを摂取しながらカロリーを落としていく考え方

中性脂肪を下げる食品をうまく摂取していく考え方になると、カロリーにばかり目が行きがちになってしまうのですが、食材のビタミンやミネラル成分などをチェックしてバランス良く摂取していく事が望まれます。 低カロリーなおからや、こんにゃくなどをメインに摂取していく事は有効な方法ではあるのですが、食物繊維が多い食事ばかりを続けていると、ビタミン類がうまく摂取できなくなる可能性があるのです。

ビタミンB群とビタミンCは毎日摂取する

多くのビタミンの中で必要となるのはビタミンB群です。これは私達の骨や筋肉などの細胞を作る基本となる部分であり、ビタミンBが少なくなると疲れやすくなったり、眼精疲労がいつまでも直らない状態になってしまいます。 なので、豚肉を中心とするビタミンBを十分に摂取することは健康には欠かせないのです。肉類を摂取すると言うことは、中性脂肪を高めてしまう要因になりかねないのですが、摂取量を間違えなければビタミン類を十分に確保していくことは可能なのです。

ビタミンBは疲れに効果のある栄養素

前回に引き続き、中性脂肪を減らす食事にばかり気を取られずに、体によいビタミンの効能を知り、食事に取り入れていく事についてです。中でもビタミンBについては、疲労回復など多くの効能があるので要注意となります。 今回見ていきたいビタミンBですが、少し前に気をつけて摂取していた時期があります。私はけっこうな肩こりで、ストレッチなどをしたりしますが、食事で良いと言われていたのはビタミンBを多く含む豚肉を食べること。そしてビタミンBの吸収が良くなるタマネギを食べることでした。

ビタミンBは肉類に広く含有しています

幸いに豚肉もタマネギも好きな食材で、牛丼のように見える豚肉を使っている豚丼をよく食べていました。これで効率よくビタミンBが摂取できます。美味しくて血行不良に良いとなると沢山食べてしまいます。そして、調子よく食べすぎてしまうと肥満の原因となります。 まずはビタミンBの事ですが、私達がサプリメントや栄養ドリンクで見るビタミンBは幾つもの種類があります。B1、B2、B6、B12、ナイアシンなどですね。これらはビタミンB群と言われています。 [ad#ad-1]

肌荒れにもビタミンB群が良い働きをします

脂質やタンパク質ををエネルギーに変える(代謝する)。肌が荒れたり、口内炎が出来るのを防ぐ、疲労回復などいくつもの効能があります。ビタミンB群のそれぞれで多少の効能が違いますが、全体的に見るとビタミンBはどれも疲労回復効果が期待できるということ。私としてはダントツで血行不良の解消と考えるのですが。 ビタミンB群が多く含まれている食材は、玄米、卵、納豆、うなぎ、魚介類、牛乳、ナッツ類、小麦などであり、意外と限定されていませんので、それぞれを必要なメニューに入れていきます。玄米に牛乳に納豆なんて健康食品には欠かせない食材ですね。 これらの食材は、中性脂肪を下げる食品としても良い物ばかりとなります。また、ビタミンAに続いてここでもレバーが良い食材とされています。

調理法によりビタミンの量が減ってしまう

基本的にどのビタミンでも、調理をする際に加熱をすると壊れて減少してしまうので、出来るだけ熱をせずに摂取する事を心がけます。もしくは煮込み料理などのように煮汁も捨てずに全て摂取できるメニューにすると、ビタミンを多く確保することが可能になります。