中性脂肪値が基準値よりもかなり高くなっている状況を変えていくためには、脂質の摂取量を下げて低カロリーの食品を食べていく必要があります。魚を食べる習慣が良いのは、動物性脂肪の摂取をできるだけ抑えるという考え方からです。そのような魚を食べ ...

お酒を飲むと太るというのはお酒と一緒に食べる、焼き鳥、豚の角煮、牛タンスモーク、牛フィレ肉のステーキ、天ぷら盛り合わせ等が影響してきます。お酒を飲むときには、味が濃いこってり味の食べ物が欲しくなりますが、それらは間違いなく中性脂肪が高 ...

家庭でパンが焼けるというパン焼き器というのが以前から販売されていました。強力粉と塩、砂糖、ベーキングパウダーなどを使用しますが出来上がったパンは普通に食パンだったりフランスパン風だったりします。

フランスパンと言っても形は ...

中性脂肪に良いとされる脂肪酸にn-3系脂肪酸( オメガ3と読む。ω-3とも書きます )があります。「オメガスリー」またはn-3系「エヌハイフンサンケイ」なんて聞き慣れない言葉ですが、食用油を分類するときにの基本の分類のやり方となるので ...

珍味とまではいきませんが少量の味わい深い食べ物を少しずつ食べるお酒のつまみとしてはホタテ貝は非常に有効だと思います。ホタテ貝には旨み成分であるグルタミン酸やグリシン、アラニンなどが多く含まれており、かなり美味しい食べ物となっています。 ...

中性脂肪を下げる食品である魚の刺身を食べる頻度を高めていくためには、刺身につける醤油やわさびに拘っていく必要があります。特にわさびは、健康効果も非常に高いので品質の良いわさびを選ぶ事によって、風味も良く美味しく刺身を食べていくことがで ...

中性脂肪を下げる食品として注目したいのが、しらたきです。私がいつも食べるのはすき焼きにしらたきを入れる方法なのですが、他の食べ方では、酢の物であったり、ラーメンの代わりのように使うこともあるようですね。

東南アジアでよく食 ...

かいわれ大根は、お刺身などの見た目をアップさせるためにトッピングすることがほとんどだと思います。鉄火丼やソバやうどん等に緑色を添える意味でかいわれ大根をのせます。ただそれだけの食品なのか?となりますが、やっぱり辛みもあるので栄養成分も ...

中性脂肪を下げる食品のマグロを美味しく食べていく為に、刺身だけでなくちょっとした味付けをしてアレンジしてみる方法が有効です。そのような美味しいレシピの中でカルパッチョは人気もあるためお勧めなのです。

カルパッチョとは、生の ...

ポン酢は中性脂肪対策のメニューを作る時に出番が多くなります。お好みソースやとんかつソース、ウスターソースやマヨネーズなどを使うよりも、ポン酢を使えば全体的にカロリーを抑えることが可能になります。

酸っぱい味だけでなく塩分も ...

料理をうまく作る事が重要である

中性脂肪を改善させる為には、中性脂肪下げる食品を使っていく必要があるのですが、どれも食べ応えのある人気のある食材とは限らないので、うまく食事の中に使っていく考え方が必要になってきます。その為には、調理方法をいくつも覚える必要があり、料理の腕を高めて行くことが重要になってきます。 良いと言われる食材は、野菜類や穀物類等が多くなってくるので、これらを資質の多くなる肉類をあまり使わずに、料理の中に取り込んでいく事が重要になるのです。特に難しいのが洋風のメニューになります。洋風の場合は、メイン食材が肉類になってくるので高カロリーな料理になってしまいます。

洋風の料理は、味を調整することがポイントになる

洋風の料理の場合には、肉類をある程度の量を使うことが求められますが、見た目と食感を楽しめるように料理を作った最後の方で、肉類を上に添えるような感じの食事にしていきます。つまり、メインの食事の中には、ベーコンやウインナー等はあまり使わないということです。 カレーライスなどの場合も、食感が感じられるように大きめの肉を数個だけ入れて、後はジャガイモや人参の歯ごたえを十分に残すようにするのです。そうすることによって、肉を食べている印象を残すことが出来る料理が仕上がります。

和食の料理は作りやすいこと

その点から考えると和食のバランスで構成する料理はとても作りやすいのです。椎茸や豆腐、大根やブロッコリーなどを使って炒め物や、味噌汁などを作るだけで低カロリーな中性脂肪を下げる食品となるのです。そんな事から、毎日食べる料理を和食に切り替えるだけでかなりの改善効果が期待できます。

ビタミンを摂取しながらカロリーを落としていく考え方

中性脂肪を下げる食品をうまく摂取していく考え方になると、カロリーにばかり目が行きがちになってしまうのですが、食材のビタミンやミネラル成分などをチェックしてバランス良く摂取していく事が望まれます。 低カロリーなおからや、こんにゃくなどをメインに摂取していく事は有効な方法ではあるのですが、食物繊維が多い食事ばかりを続けていると、ビタミン類がうまく摂取できなくなる可能性があるのです。

ビタミンB群とビタミンCは毎日摂取する

多くのビタミンの中で必要となるのはビタミンB群です。これは私達の骨や筋肉などの細胞を作る基本となる部分であり、ビタミンBが少なくなると疲れやすくなったり、眼精疲労がいつまでも直らない状態になってしまいます。 なので、豚肉を中心とするビタミンBを十分に摂取することは健康には欠かせないのです。肉類を摂取すると言うことは、中性脂肪を高めてしまう要因になりかねないのですが、摂取量を間違えなければビタミン類を十分に確保していくことは可能なのです。

ビタミンBは疲れに効果のある栄養素

前回に引き続き、中性脂肪を減らす食事にばかり気を取られずに、体によいビタミンの効能を知り、食事に取り入れていく事についてです。中でもビタミンBについては、疲労回復など多くの効能があるので要注意となります。 今回見ていきたいビタミンBですが、少し前に気をつけて摂取していた時期があります。私はけっこうな肩こりで、ストレッチなどをしたりしますが、食事で良いと言われていたのはビタミンBを多く含む豚肉を食べること。そしてビタミンBの吸収が良くなるタマネギを食べることでした。

ビタミンBは肉類に広く含有しています

幸いに豚肉もタマネギも好きな食材で、牛丼のように見える豚肉を使っている豚丼をよく食べていました。これで効率よくビタミンBが摂取できます。美味しくて血行不良に良いとなると沢山食べてしまいます。そして、調子よく食べすぎてしまうと肥満の原因となります。 まずはビタミンBの事ですが、私達がサプリメントや栄養ドリンクで見るビタミンBは幾つもの種類があります。B1、B2、B6、B12、ナイアシンなどですね。これらはビタミンB群と言われています。 [ad#ad-1]

肌荒れにもビタミンB群が良い働きをします

脂質やタンパク質ををエネルギーに変える(代謝する)。肌が荒れたり、口内炎が出来るのを防ぐ、疲労回復などいくつもの効能があります。ビタミンB群のそれぞれで多少の効能が違いますが、全体的に見るとビタミンBはどれも疲労回復効果が期待できるということ。私としてはダントツで血行不良の解消と考えるのですが。 ビタミンB群が多く含まれている食材は、玄米、卵、納豆、うなぎ、魚介類、牛乳、ナッツ類、小麦などであり、意外と限定されていませんので、それぞれを必要なメニューに入れていきます。玄米に牛乳に納豆なんて健康食品には欠かせない食材ですね。 これらの食材は、中性脂肪を下げる食品としても良い物ばかりとなります。また、ビタミンAに続いてここでもレバーが良い食材とされています。

調理法によりビタミンの量が減ってしまう

基本的にどのビタミンでも、調理をする際に加熱をすると壊れて減少してしまうので、出来るだけ熱をせずに摂取する事を心がけます。もしくは煮込み料理などのように煮汁も捨てずに全て摂取できるメニューにすると、ビタミンを多く確保することが可能になります。