あなたは今、お腹がぽっこり出てしまい、中性脂肪の数値が高くなっていないだろうか?

 中性脂肪値が下がらない理由は非常に簡単で、生活の中で見逃している問題点が多いのだ。中性脂肪は必ず下げることができる。これは、私自身が体験 ...

特定健診(メタボリック健診など)を受診して結果を見てみると・・・

中性脂肪値 = 1,030

のような検診の結果を目にすることがあるはずです。

中性脂肪の上限では、150mg/dlまでとされますが、最近では他の数 ...

脂質にリン酸や窒素、糖やイオウが加わった複合脂質には、リン脂質、そして糖脂質があります。健康食品の話で良く出てくる不飽和脂肪酸(リノール酸など)の脂肪酸は誘導脂質となります。この誘導脂質にコレステロールも含まれます。

リン ...

モノグルコシルヘスペリジンは、近年流行っている中性脂肪を下げる働きのあるポリフェノールの一種です。

痩せる緑茶に含まれる高濃度茶カテキン、痩せるコーラに含まれている難消化性デキストリン、コーヒーのクロロゲン酸に続いて、ヘス ...

魚を購入するためにスーパーに行くと、”いなだ” という魚が売られている事があります。見た目にも綺麗で、白身とも赤身とも言えないような美味しそうな色合いの魚です。

いなだは、他の魚に比べて安い価格で売られている事が多いため、 ...

中性脂肪を下げる為に有効となるのは、食事改善と運動習慣など手間のかかることを毎日継続していく必要があります。中性脂肪の数値が高くなってしまったのは、自分の不注意であり、太ってしまう生活習慣を長期的に継続してしまったことが問題となります ...

黒烏龍茶のボトルにOTPPなる文字が書かれているのを見たことがあるでしょうか?これって何なのか?と疑問に思ったのでサントリーのHPを見てみました。このOTPPとは烏龍茶のポリフェノールの事らしいです。ポリフェノールはちょっと前に調べま ...

中性脂肪の正常値は、30~149mg/dlとなっており、中性脂肪値がこの範囲を超えて再検査となってしまう場合、圧倒的に149mg/dlを超えてくる、数値が高くなる場合がほとんどです。しかし、中性脂肪の値が低くなる可能性もあり、その要因 ...

中性脂肪値が基準値よりもかなり高くなっている状況を変えていくためには、脂質の摂取量を下げて低カロリーの食品を食べていく必要があります。魚を食べる習慣が良いのは、動物性脂肪の摂取をできるだけ抑えるという考え方からです。そのような魚を食べ ...

マグネシウムはミネラルの一種であり、多くの生物に必須となるミネラルです。その働きはカルシウムを骨に貯蔵する際に必要であり、強い骨を作るときには欠かせないミネラルとなっています。マグネシウムが減少してしまうと、骨の中に貯蔵してやるマグネ ...

ビタミンを摂取しながらカロリーを落としていく考え方

中性脂肪を下げる食品をうまく摂取していく考え方になると、カロリーにばかり目が行きがちになってしまうのですが、食材のビタミンやミネラル成分などをチェックしてバランス良く摂取していく事が望まれます。 低カロリーなおからや、こんにゃくなどをメインに摂取していく事は有効な方法ではあるのですが、食物繊維が多い食事ばかりを続けていると、ビタミン類がうまく摂取できなくなる可能性があるのです。

ビタミンB群とビタミンCは毎日摂取する

多くのビタミンの中で必要となるのはビタミンB群です。これは私達の骨や筋肉などの細胞を作る基本となる部分であり、ビタミンBが少なくなると疲れやすくなったり、眼精疲労がいつまでも直らない状態になってしまいます。 なので、豚肉を中心とするビタミンBを十分に摂取することは健康には欠かせないのです。肉類を摂取すると言うことは、中性脂肪を高めてしまう要因になりかねないのですが、摂取量を間違えなければビタミン類を十分に確保していくことは可能なのです。

ビタミンBは疲れに効果のある栄養素

前回に引き続き、中性脂肪を減らす食事にばかり気を取られずに、体によいビタミンの効能を知り、食事に取り入れていく事についてです。中でもビタミンBについては、疲労回復など多くの効能があるので要注意となります。 今回見ていきたいビタミンBですが、少し前に気をつけて摂取していた時期があります。私はけっこうな肩こりで、ストレッチなどをしたりしますが、食事で良いと言われていたのはビタミンBを多く含む豚肉を食べること。そしてビタミンBの吸収が良くなるタマネギを食べることでした。

ビタミンBは肉類に広く含有しています

幸いに豚肉もタマネギも好きな食材で、牛丼のように見える豚肉を使っている豚丼をよく食べていました。これで効率よくビタミンBが摂取できます。美味しくて血行不良に良いとなると沢山食べてしまいます。そして、調子よく食べすぎてしまうと肥満の原因となります。 まずはビタミンBの事ですが、私達がサプリメントや栄養ドリンクで見るビタミンBは幾つもの種類があります。B1、B2、B6、B12、ナイアシンなどですね。これらはビタミンB群と言われています。 [ad#ad-1]

肌荒れにもビタミンB群が良い働きをします

脂質やタンパク質ををエネルギーに変える(代謝する)。肌が荒れたり、口内炎が出来るのを防ぐ、疲労回復などいくつもの効能があります。ビタミンB群のそれぞれで多少の効能が違いますが、全体的に見るとビタミンBはどれも疲労回復効果が期待できるということ。私としてはダントツで血行不良の解消と考えるのですが。 ビタミンB群が多く含まれている食材は、玄米、卵、納豆、うなぎ、魚介類、牛乳、ナッツ類、小麦などであり、意外と限定されていませんので、それぞれを必要なメニューに入れていきます。玄米に牛乳に納豆なんて健康食品には欠かせない食材ですね。 これらの食材は、中性脂肪を下げる食品としても良い物ばかりとなります。また、ビタミンAに続いてここでもレバーが良い食材とされています。

調理法によりビタミンの量が減ってしまう

基本的にどのビタミンでも、調理をする際に加熱をすると壊れて減少してしまうので、出来るだけ熱をせずに摂取する事を心がけます。もしくは煮込み料理などのように煮汁も捨てずに全て摂取できるメニューにすると、ビタミンを多く確保することが可能になります。